高畠熱中小学校で授業する

 2年前頃らしいのだけど、山形県の高畠町で廃校を利用して始まった「熱中小学校」というのが、日本中に伝播している。この2年ほどの間に相次いで8校が開校している。日本列島上の熱中小学校
 先日、日本経済新聞が「廃校再生「熱中小学校」、地域の逸品通販サイトに 」という記事を掲載し、「熱中小学校」の知名度は上がったようだ。
 
 この記事によれば、先生120人、生徒600人という。
 今年は第4期が始まっていて、ぼくも先生の一人となっている。特任体育教諭である。なんで体育なのかとは思ったのだが、なんせ『なんで山登るねん』で知られているのだから、仕方ないことなのだと思った。
 とはいえ、山登りがスポーツだとは思っていないぼくにとって、山は運動場ではないし、スポーツジムでもない。違和感を持つのも致し方ないとも思い、まあ仕方なかろうとも思うのだ。

 たしか4月に入学式の案内が来た。山形は行ったことないところだし、なにせ暇な身の上、出かけることにした。今期の新入生はたしか48人だった。翌々日に、東京で職員会議があり、これにも出席した。10人を超す先生が集まっておられ、みんな誠にユニークな方ばかりだった。
 入学式で会っていろいろ話をした、現存する数少ない「またぎ」と言われる猪俣昭夫さんにも再会した。ぼくが想像していた「またぎ」という種族とはまったくかけ離れた魅力的で素敵な人だった。彼のことは、猪俣 またぎでYouTubeで検索すれば見ることができる。

 自己紹介で一人の先生が、多分60代後半だと思ったが、クラシックカーのマニアで、しょっちゅうツーリングしています。ハーレーにも乗ってるんですが、いつまで乗れるのか、などというので、ぼくはすかさず割って入り、「いや大丈夫、大丈夫。75までは。ぼくはその年まで、BMWに乗ってましたから」と言ったら、みんなは驚いたようだった。そして、その人は、「いやあ、ビーエムは足が長い人でないと乗れないんです」と言った。
 そうなんかいな。そういえば、死んだ龍之介は、剱沢のテント場で初めて会ったぼくの印象は、「この人デッサン狂てる」だったと語ったことを思い出した。

 先日の5月の末、高畠熱中小学校に出かけた。授業は土曜の午後だったが、猛烈な早起きが必要で、そんな慣れんことをしたら体に悪い。前日に出かけることにした。
 家内が、山形には行ったことない、私も行きたいというので、一緒することにした。そんならちょっとゆっくりしようと思い、授業の翌日も泊まることにした。
 と言っても、あまり観光好みでもないぼくの興味はひたすら米沢牛のステーキを食することだった。
 これは、大いに堪能してきた次第である。

 それで、授業の方だが、パワーポインでトを使ってくださいということで、このソフト初体験のぼくとしては、大変なプレッシャーだったが、なんとか我流でやりきった。熱中小学校授業の動画

 この60分の授業は、熱中小学校のサイトに動画で上がっていて、全国の熱中小学校の生徒はネット授業として閲覧が可能なようだ。
気が向いたら見て欲しいのだが、もしかしたら、見れないかもしれないのだ。それは、この動画はYouTubeではなく、FlashPlayerで閲覧する仕様になっているようなのだが、これが、マックではどうもうまく動かないのである。
 ぼく自身、Windows7では問題なく見れたのに、PowerBook Proではひどく手こずった。
 GoogleChromeでFlashPlayerがすんなり動かなかった。

 マックを使っていて、見れない人のために解決のための手がかりを書いておく。
 googleで「chrome flash」と検索して「Google Chrome で使用できるように Flash Player を有効にする」を開く。
 書いてある通り、Chromeのアドレスバーにchrome://settings/contentを入力して、開いたウインドウのFlashの項目の設定を行うのだが、ポイントは最後の「例外の管理」の設定だ。ここで表示したい動画のURLの設定を行う必要があるのだ。

(追記)
 動画アクセスに関してグダグダ書いたが、結局のところ、このネット授業用の動画を見るにはIDとパスワードが必要になることが分かった。見れませんとの連絡も頂いた。
 それではと、少々苦労してダウンロードし、YouTubeに載せることにした。なので、ご覧いただけると思う。そして上に書いたFlashPlayer関係の記述は不要なものとなった。