武漢ウィルスの世界への巨大蔓延

 以下の記事は二週間ほど前に書いたものです。少々のトラブルが続いて完成しないままに放置していたのです。トラブルというのは、孫が高校に入ったので、約束だったゲーム用のパソコン作成中に起こったトラブル。もう一つは、ぼくのWindowsマシンが、壊れたこと。
 この二つが同時に起こって、その解決に一週間以上かかった訳です。
 破棄して書き直そうかとも思ったのですが、読んでみてそんなに大した違和感もないので、とりあえず、そのままにして、書き足すことにしました。
続きを読む

新コロナウィルス肺炎の流行

 先週末、教え子の同窓会に行ってきました。
 いよいよ日本での発症・伝播が始まったかと思われる頃だったので、高齢で糖尿病のぼくとしては、常識的に言って、そうした人混みは避けた方が良いとは思われました。まあ、気をつけていればいいと思ったのです。
 ぼくがラトック1に向かった年の卒業生で、今年で還暦を迎える年男・年女の集団で、ちょうどぼくとは二まわり年下になります。出席した教師はぼく一人でした。
 もうほとんどがなくなっているのです。ほぼ同年代のもう一人は、体調が悪くなって、突然来れなくなったそうです。
 六十人ほどが集まっていました。少々ためらいながら握手もしたし、何回かハグもしました。
続きを読む

新型コロナウィルスの話

 「カラコルム・ハイウェイの旅」の続きを書かないといけないのだが、その暇がない。理由は、コロナウィルスのニュースを追うのに手いっぱいで、余裕がないのだ。
 どんどんと状況が変わるので全く目が離せない感じなのである。
 そうした中で、だんだんはっきりしてきたことがあるように思われる。
 まず、最初の報告は昨年末の12月はじめに最初の報告があったが、この武漢からの報告をチャイナは公表しなかった。むしろ隠蔽に走り、発表は1月になってからだった。また、武漢の市場からの感染とされたが、どうやら最初の患者は武漢市場に行ったことはなかった。
 最初から人→人感染だった。
続きを読む

中共の巨大臓器バンク~臓器移植産業は今世紀のホロコースト

 先月の7日(2019年11月7日)、参議院の外交防衛委員会で自民党の山田宏議員が中国の臓器移植(生体臓器狩り)についての質問を行いました。
 この問題は、ずいぶん昔から言われていました。2016年にも、長尾たかし議員が同じ問題が取り上げています。
 しかしわが国では、これを取り上げるマス・メディアもなく、ほとんど知られていなかったと言えます。
 生きた人間を脳死状態にしてあらゆる臓器、心臓、肝臓、腎臓、骨髄、角膜を摘出する。残りは焼却処分する。そんなことがありうるのだろうか。日本人なら誰もが、信じないのではないでしょうか。あまりに惨たらしく、あり得ないと考えてしまう。日本のマスコミでこの問題を追求したものはありません。世界で最もこの問題を取り上げているのは韓国だといいます。
続きを読む

トランプ大統領の国連演説(9月24日)を翻訳

 トランプ大統領が、先々月の24日、国連で演説を行いました。
 昨年のペンス副大統領がハドソン研究所で行った演説は大注目を集めたのですが、このトランプ演説はあまり注目されなかったようです。
 しかし、一次資料としての原文を読んでみると、けっこう素晴らしいと思えたのでした。
 ネットで馬渕睦夫氏の「ひとりがたり」を見ていると、彼もこの演説を大変評価しておられて、誰も翻訳していないようだから、誰かやってほしいと言っておられた。
 それで、翻訳する気になった次第。

 トランプ大統領については、いずれ項を改めるつもりなのですが、とりあえず、数日かかった翻訳文を載せることにします。
続きを読む

ペンス米副大統領の対中方針演説

ペンス副大統領。

 アメリカのペンス副大統領は昨年10月、ハドソン研究所という場所で約50分の演説を行った。それは対中方針演説と呼ばれるものだった。
 中国を徹底的に批判攻撃するもので、かなり驚かされるものだった。新聞各紙も取り上げた。とはいえ、その本当の意味内容を掴んだものは少なかったように思う。さすが朝日新聞は、一面トップでもおかしくないこの記事を国際面に3段で報じた。
 尖閣の施政権は日本にあるとしたこの演説を一面トップに置いたのは産経新聞だった。「これは本気の宣戦布告」だとし、1946年チャーチルが行った「鉄のカーテン」演説に匹敵すると見る人もいた。
続きを読む

ファーウェイ問題の裏にあるもの

 最近のニュースには、いわゆる「元徴用工」問題とか韓国船のビーム照射事件、ファーウェイ問題など、気になるものが目白押しです。でも、この孟晩舟カナダで逮捕というニュースは、抜群に大きな事件だと思います。

2014年10月、モスクワでプーチンロシア大統領と対談する孟晩舟氏。

 この女性は、ファーウェイという会社の副社長で、社長の仁正非の妹で、会社の開発技術を統括するCFOです。
 この逮捕で報じられたことですが、孟晩舟は7つか8つのパスポートを持っていた。普通の会社の人でないことがわかります。逮捕の容疑はイラン経済制裁決議に違反したというものでした。
 それにしても、8つのパスポートを持つプロのスパイのような人がいとも簡単に捕まったものだと思いました。これはあくまでも憶測ですが、理由が考えられます。
続きを読む

金正恩の中国電撃訪問

 金正恩という男は決して馬鹿ではないし、無茶をやる人でもないと思います。結構神経が細やかで、そして臆病でもある。
 トランプの動きに彼はビビりまくった。そう思います。
 トランプを研究する必要に迫られて、たとえばツイッターなどはすべて記録し、研究分析し尽くしたようです。でも結局よくわからなかったのではないか。
続きを読む