慰安婦問題決議への憂慮(西尾幹二氏の陳述・撤回要求)

西尾幹二 2013年4月4日、西尾幹二氏は外国人記者クラブで「米議会・慰安婦問題決議への憂慮」と題して、意見陳述を行い、米議会決議の撤回を要請した。
 では、この慰安婦決議とはどんなものであるのか。
 それはまさに、驚天動地ともいうべきものです。驚きました。冒頭の過激な表現から始まり、教科書での隠蔽告発などに及ぶけっこう長いものです。明らかに韓国の工作に依るものであることが見て取れます。
 この決議文、最初の部分だけをここに原文とともに挙げておきます。
—————————————————————————————–
121号決議 アメリカ下院  2007年7月30日
日本政府による軍隊向強制売春である「慰安婦」システムは、その残忍さと規模において前例を見ることのない、結果に於いて四肢切断、死亡または自殺まで引き起こした強姦、強制中絶、侮辱のシステムであり、20世紀における最大の人身売買事例の一つである。
 Whereas the “comfort women” system of forced military prostitution by the Government of Japan, considered unprecedented in its cruelty and magnitude, included gang rape, forced abortions, humiliation, and sexual violence resulting in mutilation, death, or eventual suicide in one of the largest cases of human trafficking in the 20th century;
—————————————————————————————-
 これは、以前のものですが、今回のものは、この”Comfort women”の部分が”Sex slave”に変わっていると思われます。
 こういうことに対して、静観するというのは、決していい結果を招いてこなかったことは、すでに歴史の事実となっています。従って、西尾幹二氏の撤回要求はやらねばならぬことだと思います。
 日本の政府・官僚が、今となっては詮無いことではあるが、当初からこのような心根で、かくなる大和心を持って対応しておれば、「慰安婦問題」などという気味悪いことは出来上がらなかったと思われる。
 Youtubeの動画は、通訳の英語が含まれているので、とりあえずテキスト落しを行った。(いずれ、英語通訳分を取り除いたものをアップの予定)
 まったく納得のゆく、周辺とか近隣国とかいわれる中華人民共和国や韓国関連のコメントとしては珍しくすっきりとしたもので、感激しました。通訳分も英文に落として世界中に拡散させる必要があると思うのです。
 相次ぐ、アメリカでの議会での謝罪要求決議は、韓国の情報戦の結果と思われます。この数年で、近隣諸国条項の効果も薄れ、教科書からも「従軍慰安婦」が消えて行く中、韓国は従軍慰安婦を「セックス・スレーブ」と言い換えて、言い立てる新しい戦略をとったと考えられます。
 セックス・スレーブとはひどい。日本は極悪人となります。慰安婦はビジネスですが、スレーブは奴隷ですから、アメリカ人には強烈に響くでしょう。
 しかしこれは、アメリカに限ったことではなく、驚いたことに、日本でも同じことが起こっています。京都府議会が、「従軍慰安婦への謝罪要求」を決議し、安倍政府に提出しようとしていて、「頑張れ!日本・京都支部」が、反対運動をしています。
 聞いてみると、なんと提案者は公明党でした。なんと、やはり公明党はサナダムシ政党だったようです。
 前置きはこれぐらいにして、西尾幹二先生の陳述本文にいきましょう。

 アメリカ合衆国は2007年7月タイにおいて、慰安婦問題について決議を行い、この事件を20世紀における最悪の事件と認定し、今年に入ってニューヨーク州議会およびニュージャージー州議会において同様の議決を行いました。
これは私に言わせれば、まことに許しがたい所業である。慰安婦と呼ばれる人たちは当時いました。世界には貧困のため不幸にも自分の性を売らなければならなかった人たちがいました。しかし日本は国家として権力を使って強制的に女性たちに性を売らせたという事実はありません。ましてや20万人に近い女性が拉致され、トラックに積まれて戦地に運ばれたなどという事実は荒唐無稽で、どこを探しても証拠は出てこないのです。もし当時の朝鮮で、そういう事件が起これば、当然朝鮮人の中から暴動が起こったでしょう。
しかも当時の警察官の8割までが朝鮮人でした。最初の嘘が積み重なって、日本政府の弁解のまずさもあり、誤解の輪を広げました。どのような嘘から始まりどのようなプロセスをたどったかは、後ほど質問があればお話します。

アメリカ議会はどうかこのことをしっかり再調査して、各決議を撤回してほしいと思います。そもそもアメリカにあるいは世界各国に戦争と性の問題で日本を非難する資格はありません。もと都立大教授で東洋大学長の磯村貞一さんは、敗戦の年、渋谷区長をしていました。アメリカGHQの将校から呼ばれて、占領軍の兵士のため女性を集めろと命令され、リクリエーション・センターと名づけられた施設を作らされました。

当時市民の中には食べるものもなく、チョコレート一枚で身体を売るような女性の話も広がっていました。磯村さんは慰安婦問題が当時国際的話題になるにつれ、つらくて、自分が女性を米軍兵士の自由にされる境地に追いやった恥を告白せずにはいられないと懺悔しております。産経新聞94年9月17日。
穏健な常識派で知られる日本芸術院長の三浦朱門先生は、軍隊と性という問題を取り上げるなら、戦後の米軍が憲兵と日本の警察を動員して、一定街路を封鎖して、すべての女性の性病検査を行ったこと、その際娼婦でない女性が巻き込まれたこと、レイプもあったことをぜひ書いてほしい。事件のことは闇から闇に葬られた(1996年8月2日)。

パンパンとかオンリーという名で呼ばれた日本人慰安婦が、派手な衣装と化粧でアメリカ兵にぶら下がって歩いていた風景はつい昨日の風景であります。私は少年時代にいかにそれが目に焼きついて覚えているか。その日本人の女性の数は20万人であります。これは米軍による日本人慰安婦です。
フィディラルという雑誌がある。若い女性が特殊慰安施設に連れて行かれて、初めての日に処女を破られ、一日最低15人からの戦場から来たアメリカ兵の相手をさせられ、腰を抜かし別人のようになったさまが手記として残っています。どこの部屋からも叫び声と笑い声と女たちの嗚咽が聞こえてきました。2・3ヶ月の間に病気になったり気がちがったりしました。これは何年にもわたって日本の全土において行われたことの縮図だったのです。これは、1954年、戦争が終わって9年目のこの雑誌の12月号です。

日本政府はアメリカに謝罪と賠償を要求するべきであります。もしそれができない、あるいは政府にそのつもりがないというのであれば、日本政府慰安婦問題についてはいかなる謝罪も賠償もすべきではありません。
国際関係はなによりもその相互性と公正を必要とします。
アメリカは日米戦争において自国の正義を守るために、日本を残虐非道の国であったとしておきたいのです。さもないと原爆や東京大空襲の犯罪を正当化することができないからです。2007年以降のいくつもの慰安婦決議は今まで親米的であった日本人を、戦後アメリカの反共政策に協力してきた日本の武士階層を、私もその一人でありますが、その人たちを苦しめ苛立たせています。

一番いけないのは、日本をホロコーストを犯したドイツと同列に並べて裁こうとするために、慰安婦問題を大きく誇大に描き出すことです。ここに重要なドイツ語文献、おそらくドイツですらも忘れられている重要な文献フランツ・ザイドラー・バルシオン、同性愛・自己毀損・ドイツ衛生指導の諸問題1939-45という本の目次を持ってきました。
完璧な国家売春を行っていたのはドイツなんです。ナチ管理官ワルシンでは人種問題が難しく、ドイツ人士官がユダヤ人女性と性交をしたときには死刑でした。あらゆることで西欧と東欧ではやり方が異なり、西洋のオランダやノルウェイなどでは公娼制度が施設として利用され、ポーランドやソ連などでは公娼制度が存在しないので、ドイツの前線司令官はなかば強制処置で売春婦になる少女たちをかき集めました。
それでもドイツの慰安婦が問題にならなかったのはなぜかといえば、それ以外のナチスの犯罪があまりにも巨大で、そのために慰安婦問題が影がかすんでしまったのです。

最後にひとつのエピソードを申し上げて終わりにします。
戦争中、中国雲南省の最前線で、アメリカ軍に追い詰められた日本の部隊は、隊内にいた朝鮮人慰安婦を、「お前たちは生きて帰れ」とアメリカ軍に引渡し、アメリカ軍のほうに返し、残っていた日本人慰安婦は、兵隊たちと共に玉砕しました。日本の兵隊たちは武士道で戦っていたんです。

 この決議撤回陳述は、世界の人々に知らせる必要があると思っていました。その為には英訳が必要で、やってみようかなと思っていたところ、早速英語にしてくださった人がいました。
 なでしこアクション  Japanese Women for Justice and Peaceにそのコピペー用の英文があります。
 世界に拡散を呼びかけましょう。

参考:アメリカ合衆国下院121号決議