捏造DNAを持つ朝日新聞の体質は変わらない

歴史に残る朝日新聞の完璧な捏造報道の記事

歴史に残る朝日新聞の完璧な捏造報道の記事。サンゴ汚したK・Yってだれだ 
(朝日新聞 1989年4月20付 夕刊)

 覚えていらっしゃる方も多いと思うのだが、かつて「珊瑚礁落書き事件」というのがあった。正式な呼び方は「朝日新聞珊瑚記事捏造事件」というらしい。
 まったくもってたまげるような捏造記事なのである。
 朝日新聞のカメラマンが、珊瑚礁に「K.Y」という落書きをして、それを弾劾する記事を捏造したという事件であった。その写真と記事を見てみよう。
 驚くべきは、その記事でした。書き写すと、それはこんなものでした。
<これは一体なんのつもりだろう。沖縄・八重山群島西表島の西端、崎山湾へ、直径8メートルという巨大なアザミサンゴを撮影に行った私たちの同僚は、この「K・Y」のイニシャルを見つけたとき、しばし言葉を失った。
 巨大サンゴの発見は、七年前。水深一五メートルのなだらかな斜面に、おわんを伏せたような形。高さ四メートル、周囲は二十メートルもあって、 世界最大とギネスブックも認め、環境庁はその翌年、周辺を、人の手を加えてはならない海洋初の「自然環境保全地域」と「海中特別地区」に指定した。
 たちまち有名になったことが、巨大サンゴを無残な姿にした。島を訪れるダイバーは年間三千人にも膨れあがって、よく見るとサンゴは、空気ボンベがぶつかった跡やらで、もはや満身傷だらけ。それもたやすく消えない傷なのだ。
 日本人は、落書きにかけては今や世界に冠たる民族かもしれない。だけどこれは、将来の人たちが見たら、八〇年代日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の……。
 にしても、一体「K・Y」ってだれだ。>

 自分でやっておいて、それを「日本人の精神の貧しさとすさんだ心」と貶めるこの捏造の精神構造は一体なんなのだろう。この捏造の事実を知った時、「言葉を失った」のは、朝日新聞ではなく、世界で最も高い道徳心を持つとされる日本人だったのではないでしょうか。
 考えてみれば、この忌むべき精神構造は、いわゆる「従軍慰安婦」問題で吉田精治の虚偽証言を32年間も広め続けた精神構造と同じではないか。
朝日がねつ造を認めた。

朝日はようやくねつ造を認めた。

 地元のダイバーの追求で、この捏造は暴かれ、朝日新聞は「おわび 本社取材に行き過ぎ 西表島沖のサンゴ撮影」という見出しで謝罪します。その内容は、今回の慰安婦問題と大変良く似ているといえます。
 <西表島崎山湾沖にあるアザミサンゴの周辺一帯に、いくつかの落書きがありました。この取材に当たったカメラマン二人のうち一人が、そのうちの「KY」という落書きについて、撮影効果を上げるため、うっすらと残っていた部分を水中ストロボの柄でこすり、白い石灰質をさらに露出させたものです。 >
 つまり、落書きはすでにあった。それを鮮明にする為に行った行為だった、という嘘の上塗りの弁明を行った訳です。
 地元ダイバーは、そんなものはなかったと糾弾を強めたので、朝日はついに音を上げ、捏造を認めざるを得なくなる。左がその記事です。
 今回のいわゆる「従軍慰安婦」の捏造も、捏造とは認めず、誤報とし、明らかな嘘の弁明をしている。やがて、この珊瑚礁捏造事件のように捏造謝罪を行わざるを得なくなるかも知れない。そして、そうさせるには私たち日本国民のたゆまぬ糾弾が必要だと思うのです。

朝日縮刷版では、この箇所は空白となっており、虚偽報道であったと「お断り」告知になっている。

朝日縮刷版では、この箇所は空白となっており、虚偽報道であったと「お断り」告知になっている。

 調べてみると、朝日新聞の捏造記事は1989年の「珊瑚礁事件」に始まったわけではないことが分かりました。一番最初の捏造とされる記事は、1950年の「伊藤律のインタビューを捏造」というものです。
 朝日新聞の歴史は捏造の歴史といってもいいのではないか。
◉1950.09.27 伊藤律のインタビューを捏造
「宝塚山中に伊藤律氏-本社記者が会見」、行方不明の共産党幹部とのインタビューを一面に掲載。29日に記事を書いた長岡宏記者は「伊藤律氏との会見記事は、私の仕組んだ全くの狂言でした」と弁明。この記事はその後の縮刷版から削除された。

 朝日新聞の捏造報道は限りなくあると言っていい。多すぎて列挙する意欲も失せるほどなのですが、いくつかを挙げてみましょう。
◉1959年12月~60年1月 北朝鮮帰還運動に関する一連の報道
〈帰還者にわく平壌 身ぎれいな町の人 立ち並ぶアパート〉や〈働けば食える 浸透する政治〉などと題する特派リポートを立て続けに掲載。北朝鮮を<地上の楽園>として「北朝鮮礼賛キャンペーン」を紹介し続けたが、実態はその後明らかになった通り。
◉1967年〜70年 中国政府当局が朝日新聞を除く全ての報道関係者を追放
 文化大革命で狂乱状態にあった中国政府当局は、中国政府提灯記事以外の記事を書くあらゆる報道関係者を「外国反動分子」と決めつけ中国から追放した。唯一残ったのは北京の朝日新聞のみだった。
 朝日は唯一の中国特派員をもつ立場を保持するため、あらゆる中国政府当局の捏造加担とおべんちゃらを開始した。
◉1975.4.19 残虐なポルポトを「アジア的優しさ」と報道
 和田俊プノンペン特派員(後年、テレ朝「ニュースステーション」に解説者として出演。故人)が、「カンボジア解放側 アジア的優しさを持つ」「粛清の危険は薄い?」という見出しで記事を書いた。
 カンボジアの全国民の1/6に相当する300万人以上の民衆を虐殺したポルボトを、なんと「アジア的優しさ」と報じたのです。
◉1984.8.4 「南京大虐殺」を捏造
 生首のごろごろ転がる写真を「南京大虐殺の証拠写真」とし、南京に入城した元歩兵二十三連隊の上等兵が記したという「日記」を併記して掲載。
 これに対して、元歩兵二十三連隊の有志からなる「都城二十三連隊会」が立ち上がった。元兵士の懸命の調査により、1年4カ月後になって、この写真が全く別の場所の写真であることが判明する。
 それに対して朝日は1985/1/22、このような数行のおわび文を掲載した。「(前略)日記は現存しますが、記事で触れられている写真三枚は南京事件当時のものでないことが解りました。(後略)」。
◉1984.10.31 毒ガス戦を捏造
 煙がもうもうと立ち上る写真を一面三段抜きに掲載し、「これが毒ガス作戦。と元将校。当時の日本軍内部写真を公表」と報道したが、これがでっち上げであることが証明された。
◉1985.8.7 靖国参拝ご注進報道
 長くなるので、内容を詳しくは書きませんが、この年に中曽根首相は公約通り公式参拝を行いました。この少し前から朝日新聞は靖国参拝批判キャンペーンを始めていたのですが、8月7日「『靖国』問題 アジア諸国の目」という特集記事を掲載した。
「(中国と)同じ『愛国心』が、日本ではかつては軍国主義を底支えする役割を担わされたことを、中国は自らの体験として知っている。それだけに、靖国問題が今『愛国心』のかなめとして登場してきたことを、中国は厳しい視線で凝視している」と書いた。
 これをきっかけに中国の靖国参拝批判が始まったのです。
 「A級戦犯」合祀が判明したのは、6年も前の1979年だったのですが、中国は何も言っていなかった。朝日がこの問題を起こすまで、中国政府が首相の靖国参拝に抗議したことはなかった。
 中国・韓国の歴史問題批判の火付け役はつねに朝日新聞だったといえるのです。韓国では「朝日は対日批判の産室」と褒めそやされているようです。

 冒頭の珊瑚礁落書き事件(1989年)に至るまでに、すでにこれほどの捏造が行われているのです。そしてそれは、今回のいわゆる「従軍慰安婦」(もともと「従軍慰安婦」などは存在せず「慰安婦」だったので、「従軍慰安婦」は朝日の造語であり、捏造語であるため、ぼくは「いわゆる」を冠している訳なのですが)の誤報報道まで、綿々と続いているといえるのです。そしてこの報道に含まれる弁解は、珊瑚礁落書き事件の弁解に極似している点において、捏造と言っていいと思われます。そうであれば、「従軍慰安婦捏造問題」も、いずれ謝罪をせざるを得なくなり、あるいはしてもしなくても朝日新聞は消滅の危機に瀕するかもしれません。

 ここで誰もが抱く疑問は、「それにしても、どうしてそんな捏造を繰り返す新聞が大新聞で知識人が読む高級紙と見られてきたのか」ということではないかと思うのです。その答えは、ぼくにとっては、自分の体験として、けっこう明快です。
 このひどく誤った常識は、少し前の記事「ポツダム宣言派とサンフランシスコ条約派の相剋」にも書いたように、戦前の「曳かれ者」たちが、戦後に生じたいわば日本の思想・思潮のエア・ポケットの空間に充満して形成された、いわゆる進歩的文化人、一部の学者、評論家、作家、マスコミ、出版社などによって、その偏った思想が繰り返し宣伝流布された結果だと思われます。

 しかし今や情報空間は、世界規模で画期的に変容しています。それはインターネットによるものです。
 どうした訳か、この変化に朝日新聞は気付かない。依然として恥の上塗りのような訂正を行っているだけのように見えます。
 先頃の原発事故に関する「吉田所長証言」の捏造報道が、産經新聞によって暴かれました。非公開とされていた「吉田証言」の文書を入手した朝日新聞は、都合の良い部分を抜き出して、事故の際に所員のほとんどが脱出逃亡を計ったと報じました。それを見た韓国メディアは大喜びで、福島原発もセオウル号も同じと報じたのです。
 これを知った産經新聞は、「吉田証言調書」を入手し、その内容を「吉田証言」という連載で詳細に報じました。ここで、また朝日新聞の捏造が暴露されることになったのです。
 この事態を受けて、安倍政権の菅官房長官は、非公開であったこの文書を公開すると言明したのでした。

 この捏造がやがて問題となると思っていたら、皆さんご存知の「朝日新聞連載拒否問題」が起こりました。池上彰氏が連載記事で「慰安婦問題の誤報に関して謝罪が必要」と書いたら、掲載を拒否されたという問題です。ところが、襲いかかった大批判に恐れをなしたらしく、この決定は取り消されたようです。焦ってるなと思っていた矢先に、こんどは「伏せ字問題」が勃発しました。
 朝日新聞は、『週刊新潮』と『週刊文春』の広告写真にある、百田尚樹氏の朝日新聞を批判するタイトル「私と日本人を貶めてきた「朝日新聞」に告ぐ!」の朝日の二文字を黒丸で潰したのです。この神経は、ぼくの想像を絶しています。
 しかし、黒丸で潰したのは、上記の週刊誌の二誌だけではありませんでした。「WILL」10月号の広告の伏せ字は二文字どころではありません。ほんとかなぁと思い、よく調べたのですが、どうやらこの画像は創作らしいのです。朝日にWILLの広告を頼んだら断られるだろうが、これならOKねという冗談のようです。インターネットに丸乗りしてはいけないようです。

伏せ字だらけのWIIL10月号

伏せ字だらけのWIIL10月号


もとのWILL10月号

もとのWILL10月号


 この「WILL」10月号、大売れで増刷増刷のようです。アマゾンは売り切れの状態が続いています。ぼくは知人に頼んだら、大阪で大量に平積みされてるのを見つけたようで、ようやく入手できました。読むのが楽しみです。
 それにしても、朝日という会社はどうなっているのだろうと考え込んでしまいます。
 裏を取るという作業を一切しないで記事を書く。書かれた記事を検証もせずに発表する。そういうジャーナリズムの基本姿勢ともいえる良心を欠いている。この新聞社には捏造記事を書くDNAが備わっていて、それはすでに戦前からそうだったのではないのだろうか。
 戦前に大いに戦争突入を煽ったことでも知られているようですが、大本営発表を大喜びでフレームアップし大いに捏造記事を書いていたと思われるのです。戦後になって方向性が変わっただけで捏造DNAは生き続けている。消えるものではないのです。大本営が日本から中国・韓国に変わっただけのことかもしれません。
 朝日が生き続けるためには、遺伝子組み換えでDNAを変えるしか方法がないと思えてきているのです。