かくも長きブログの空白


 この「葉巻のけむり」への最後の投稿は、2018/04/14となっていますから、その空白は4ヶ月にも及ぶことになります。
 あの最後の記事を書いた頃は、トランプと金正恩の会談を前に、世界中がどんな展開をするのかと固唾を呑んで見守るという状況だったように思います。会談が終わったら、なんかの見解を投稿しようと考えていました。

 そんな頃、ぼくは馬から落ちて落馬したのです。これまでに何回か落馬の経験はあったのですが、今回は一番激しいもので、怪我をしたのも初めてでした。幸いにも上肢の打撲と足首の捻挫で済んだのですが、1ヶ月以上の松葉杖の使用を余儀なくされました。80代ともなると暇がかかるのか未だに治ったとは言えない状況が続いています。
 多分そんなことが原因で、キーボードを叩く気分が起きなかったのではないかと思うのです。
 
 問題の米朝会談は、トランプによる褒め殺しみたいな状況に終わり、事態は最悪のシナリオと言われていたパターンになったようです。
 つまり、アメリカは結局のところ、自国が長距離弾道核の脅威を受けなければ、それで良しと考えているということです。
 アメリカにとっては現在のメイン・テーマは対中国なのであって、北朝鮮は関連する派生的な問題に過ぎない。そういうことがどんどん明快になってきているということです。

 この長い自由に動けない状態になったぼくを大いに楽しませてくれたものは、サッカーのワールドカップでした。全試合を録画して、大いに楽しませてもらいました。特に日本の活躍には快哉を叫んでいました。
 ベルギー戦の時などは、悔しくて、ああすればなんとかなった、こうすれば勝てた、などと考えると、布団に入っても朝まで眠れませんでした。
 4年後にはきっともっとやれると思うと、その試合を見たい。その時も生きていたいと、なんの生産性もないぼくが不埒なことを考えてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です