コロナ禍の半年(最終)


 7月の終わりになっても武漢ウィルスは世界中でその蔓延をやめようとはしないようだった。また我が国のメディアも依然として拡大を連呼してその恐怖を煽る報道を続けていた。例えば、ある日のニュースの見出しは、「感染拡大続く。今日も最大感染者数更新」だった。それで続く本文を見ると、感染者数は昨日よりたったの1名の増加だった。1名でも確かに増加は増加だ。しかしこの見出しの付け方はおかしい。感染者とはPCR検査で陽性になった人とされているようだが、喉粘膜にウイルスが存在したということが感染と呼べるのかという問題がある。それが証拠に感染者の半数が発症しないという。
 恐怖を煽るという点では、NHKスペシャルの番組はとんでもないと思うことが多い。
 例えば、BS1スペシャル、シリーズ人体「驚異の免疫ネットワーク〜新型コロナとの戦い〜」。人体の免疫システムを説明するのに、ここまで恐怖の扇動を行う必要があるのか。鮮明なカラーグラフィックで描かれるミクロの世界はそれなりに美しい。喉から続く気管の絨毛が示される。その絨毛の蠕動によって、異物の肺への侵入が防がれていると説明される。
 ところが、球状で周りにスパイクという針をつけたコロナウィルスは、絨毛をすり抜けコロコロと転がって肺胞に達する様が描かれる。そして肺胞の細胞に侵入する。この時のウィルスの球は異常に大きく、おそらく1万倍くらいに描かれる。吸い込んだウィルスがそんなに真っ直ぐ肺に達するのか。これはまるでSF映画で、フィクションどころがフェイク動画とぼくには思われた。

 7月になると、この武漢肺炎の正体もだんだんと分かってきたようだった。そして、大方はネット情報として、過度に恐れる必要なしという意見が見られるようになってきた。テレビの報じる感染者数などというものは全く当てにならない。検査数が増えればそれに伴って増える。
夜の店で感染者が出る。従業員を調べたらみんな陽性だった。クラスターが見つかったという。内容を漏れ聞いて驚いた。従業員は感染すると補助金がもらえるのでわざと移し合いをしていたというのだ。朝にテレビでは、感染者数ばかりが報じられ、無症状者数、重傷者数、回復者数などは報じられない。こうした状況はコロナ禍ではなく民放とNHKによって作り出されたテレビ禍と言ってもいいと思われる。

オックスフォード大学”Coronavirus Gavernment Response Tracker” より日本総研作成

 現在のところ死者数は減少したままほぼ横ばいの様子のようで、その数は50万人あたり1人だという。このことから考えて、京大の小久保教授の唱える日本人の集団免疫獲得説は大いに信頼性を持つように感じられる。日本人は1・2月の段階ですでに集団免疫を獲得していたというのだ。
 左の図は、最近発表されたものだが、世界で最も緩い規制だったのが、日本とスエーデンだったとされている。
 日本政府はようやくコロナウィルスの2型指定を解除するようで、隔離の規制がなくなったのは、大変結構なことであると思う。

 日本人としては不世出の政治家ともいえる安倍首相がお辞めになったのはショックだった。彼が配った10万円の見舞金は6月の初めに我が家に届いた。家内がネットなどを使わずに素早く申請したのが良かったようだ。武漢コロナによってさして被害も受けていないぼくが、こんなお金ももらうのは申し訳ないという気もした。しかしこうしたお金は辞退してはいけない。このお金を使うことによって、日本経済を助けることになるのだから。
 使う先はすぐに思いついた。家内が使っているデスクトップiMacのHDDの入れ替えである。たしか2014年に買い替えたものだが立ち上がり数分かかるよう
なっている。他が早くなるとその遅さはやけに気になった。アップルでは入れ替えはやってくれない。でもやってくれる業者はいるはずだ。
う

このデスクトップは家内とぼく、そして孫たちの共用となっている

 探したら、入れ替えをやってくれる業者が、京都市内で数カ所あった。費用をケチってデータなどの入れ替えは自分でやろうとした。しかし調べてみたところ少々問題があった。空のSSDを認識できない場合があること。さらに空のSSDにはMacOSを最初にインストールしないといけないのだが、それをするにはターミナルを使って、特殊コマンドを打ち込まないといけないという。
 やっぱり1万円を節約して苦労するよりみんな業者に任せようと思った。四条烏丸の西で四条通に面したパソコンドック24というお店に頼んだ。費用は込み込みで5万円ほどだった。
 これで我が家のパソコンの全ては快速特急となった。
 あとは、この鬱陶しいてテレビ禍が収まり、そしてコロナ禍が終わるの待つばかりである。そしてそのあとはオリンピックが開かれるかも知れないという淡い望みを持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください