中国人の尖閣への強行上陸について

大騒ぎになってマスコミを賑わわせたこの問題も、強制送還という結末で落着したようです。
この穏便な処置に自民党の例えば石破さんなどは怒りを表明しているようですが、これは多分に選挙対策で彼自身はこうした問題に通じていますから、自分が責任者であったなら同じ対応をしたと思われます。どうしてかというと、現在の日本の法体制ではエスカレートしたらとんでもなく不利な状況に追い込まれてしまうのははっきりしているからです。
今回の事件が、前の中国漁船衝突事件と異なるのは、中国側やアメリカなどとの外交交渉というか事前打ち合わせが充分にされていた点で、そのためあの衝突事件のようなぶれが一切なく、中国側とも打ち合わせの通り、速やかな強制送還という結末に至ったと思われます。
アメリカだって問題がエスカレートするのは大変困ったことになりますし、というのはアメリカは以前のように強い態度で取り仕切ったりできないからです。

中国にはいくつもの今回やって来たような団体があり、つねにそうした団体の行動申請を抱えていると思われますが、今はあんまりやってほしくないので、それを認めず押さえている。でも、完全に押さえるのは難しいし不満を起こさせるのはまずい。まあ香港というちょっと外れたところの団体なら知らん間に行っちゃったという言い訳も可能だということになったのでしょう。
そんなことで、奴らはやって来たのだけれど、この連中を怪我ささず日本側にもけが人が出ず、穏便に返すのにはどうするかと考えると、下手に難破ささずに上陸させ、そこで逮捕するのがもっとも安全なやり方だったと考えられます。
つまり、海上にある限り、通行の自由は公海法で定められており、進行中の船を無理に止めることは領海内であっても難しい。そこで魚を捕っておれば捕まえることは出来ますが。
そこで、うまい具合に危険な海岸部分に向かわないように誘導して上陸させた。上陸してしまえば、日本国内ですから不法入国、銃や刃物を持っておれば銃刀法違反、公務執行妨害などで逮捕が可能です。そして不法入国による強制送還という決められたルーチンに乗ったということだと思います。

奴らは「また来るぞ」と捨て台詞を残して去ったようですが、きっとまた来ます、間違いなく。今回は一隻でしたが、10隻あるいは20隻で来たらどうしたらいいでしょう。とても今回のようには行きません。安全な接岸地点は多くないので、その数隻は岩に乗り上げ難破するでしょう。そうすると緊急避難上陸という言い訳が成立してしまいます。
あるいは、こういう想定はどうでしょうか。上陸後、阻止しようとした警察官に隠し持った刃物で襲いかかりもみ合いになり、そこで自分で自分を刺して重傷の自傷をする。一人なら何とかなるでしょうが、10人以上が怪我をする。あるいは誰かが自殺する。中国人ならそれくらいのことは平気でやると考えられます。さあ大変、大問題が起こります。

中国は核心的利益と公言し、東シナ海への拡張と将来の世界制覇を目指しているようです。
尖閣問題は、地下資源をほしがっているという見方が一般ですが、実はそうではなく、南の太平洋に出てゆく為の中継地として、どうしても必要な戦略的地点だということに気付く必要があると思うのです。地下資源ならお金で折り合えるなどと考える人もいるかも知れないけれど、こと軍事戦略拠点となるとそうはいきません。いずれ力づくで取りにくると思われます。
日本の自衛隊関係者も馬鹿ではないから、そんなことはよくわかっていると思いますが、政府はもちろんテレビコメンテーターや軍事評論家が一切そうしたことに触れないのは、どうしたことなのでしょうか。

軍事評論家なる人は、どうもいまいち信用できないよう気がしています。だいたい頭が古い気がします。年を取っていますから昔の考えで中国をバカにしており、その進歩の速度を見落とし過小評価して独りよがりの楽観論を述べている。
戦車や戦闘機や戦艦の比較で日本が上などといっても、交戦権も集団的自衛権もないのにどうするかという話で、乗れない車のスペックを論じているようなもんです。
この十年中国は宇宙開発に以前の10倍のお金を投じており、これはひとえに軍事用のものです。最近では有人飛行にも成功しています。アメリカ・ロシア・ヨーロッパ・日本は共同で宇宙ステーションの建造をやっており、ようやく完成したようです。
ところが、中国は独自で宇宙ステーションを目指しており、制宇権を得ようと考えているようです。武器の中でもっとも強力なものは潜水艦であると考えられます。中国の潜水艦は時代遅れといわれていましたが、現在では大進歩で追いついて来ているようです。これからの戦争は地上戦ではなく、あるいは空母を使った空中戦でもなく、海があれがどこへでも行ける潜水艦だと考えられます。空母は潜水艦の位置を隠す覆いの意味があると唱える人もいるくらいです。中国にとっては、陸軍・空軍などは二の次で、彼らは制宇権と制海権を集中的に目指しているようです。
潜水艦は現代の最強の兵器なのですが、その潜水艦に対抗する兵器は、潜水艦しかありません。潜水艦の位置を知るのはソナーその他の機器で敵潜を探し攻撃するのですが、それよりも宇宙からの指令によるものがもっとも効果的であり、その意味で軍事宇宙ステーションは大きな力を持ちます。
日本も、ハヤブサ帰還を成し遂げた技術力で軍事用に転用可能な宇宙ステーションを作る必要があると思われます。もちろん日本も米軍から高品質の情報を得られるのでしょうが、自前でないのは有事緊急の際には、どうしても隔靴掻痒のきらいがあるのではないでしょうか。

中国が潜水艦や空母を太平洋に向かわせる為に、特に潜水艦の場合、海底地形の関係もあって中継基地に尖閣が必須のようです。
中国は石原知事の発言に驚いた筈です。それが今回の強行上陸という事件になっていると思います。4月に国の借地期限が切れるそうで、そのとき尖閣は東京都のものとなるでしょう。そうなっても、何もしなければそれ以前と何も変わりません。中国の核心的利益の標的であることに何の変化もないのです。
中国は、この四月までに何らかの手を打ってくる可能性があります。早急な法整備が待たれるところです。