年賀状を作る

 もう何年もの間、年賀状を書くことはありませんでした。
 初めの頃は、メールで新年の挨拶をしていたのですが、スマホの普及とともにそれもやめたようです。
 当方は出さないのだから、そのうちに来る年賀状も減ってくるだろうと思っていたのですが、減るには減ってもなくなりはしません。
 例えば今年は、30数通がきました。例年のように放っておいても良かったのですが、なんだかもうしわけないような気がしてきました。なぜそんな気が起こったのかと考えてみると、このコロナ騒ぎで、美しい伝統や文化がどんどん消されているのではないかと言う苛立ちみたいなものがあったのではないかと思うのです。それに昨年熱中していたphotoshopを使ってやろうというのもありました。
 

年賀はがきはもう売ってなくて、普通のハガキに切手を貼りま」した。

 それで出来たのが、こんな年賀状です。
 2021の1がなんだか7みたいですが、これはDVLメガ丸というフォントのくせです。このフォントの0が一番大きかったので、これを使うとこにしたわけです。
 牛のマークはphotoshopのシェイプという機能があって、色んなものの形を作ってくれるので、その中の「従来のシェイwプとその他」→「2019シェイプ」→「家畜」とやると牛が出てきて、好きな大きさの牛の線画が描けます。うんと大きな牛を描いて、これに適当なマダラ斑点をつけて、はみ出たところは、クリッピング・マスクして切り取ります。
 0に埋め込む写真にこれというものがなかったのですが、選んだのは、少し前の「シガークラブ」のパーティで、このお店の店長の美人ママさんとのツーショットのものにしました。
 この写真の一部だけを見えるようにするには、レイヤーを使ったちょっとした技が必要でした。

 ひとことのコメントを書くことにしました。むかし原稿を書くとこに使っていた太いモンブラン万年筆を使ったのですが、字を書くことが全くなくなっていますから、えらく苦労で、なんだか幼稚園児童の字のようになりました。
 宛名印刷は家内が、昔から使っている宛名名人というソフトを使ってやってくれました。
 調べてみると、wordとexelで、完全な宛名印刷ができるようです。
 暑中見舞いもPhotoshopで作り、その時は宛名印刷も自分でやろうと考えているところです。

米大統領選の決着が近づく

 皆さま明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 さて、表題をご覧になって、えっ、とお思いになった方がおられるのではないかと思います。本当のところ、ほとんどの人が大統領はバイデンに決まったと思っている。メうディアもそう報じています。
 しかし実際はそうではないのです。昨年暮れの代表人選挙の結果ではトランプの敗北が報じられたのは確かです。しかし、その代表人が投票した選挙箱は、封印されたまま保管されています。これが開票されるのが、1月6日の上下院両院議員総会でのことなのです。
 この総会において開票が行われ、その結果大統領が決定する運びとなります。
続きを読む

令和2年の終わりに当たって

 あと1時間ほどで、新年を迎え令和3年となる。

 世界を覆った武漢コロナウイルスによるパンデミックは、世界大戦とも言ってもいい状態を世界にもたらした。
 過去何度も起こった疫病の蔓延は、今日の状況では広がり方も早かった。
 当初は未知のウィルスと恐れられたが、一年も経つとその正体はほぼ明らかとなったと言っていい。ぼくの見方によると、それはインフルエンザに過ぎない。さらに正確に言えば、日本人にとってはそうなのだが、欧米人にとっては違うのだ。この部分が報じられず、極めて客観性のない偏った報道が流され続けている。
 すでに上久保靖彦先生をはじめ何人もの専門学者さんが唱えているように、日本人はすでに集団免疫を獲得していると言っていい。

 こうしたことは、かなり自明なことであるにもかかわらず、コロナの危機が誇大に唱えられるのは、理由がある。理由はあるはずだし、ないはずがないのだが、それが小さな個々の理由のみで、全体像が見えないので、ぼくはイライラしながら年を越すことになる。

 コロナ禍は、世界の有様をより明確に浮かび上がらせた。
 大統領選挙にかかわるアメリカの状況は、アメリカの状態、それはアメリカ独立以後変わらなくあったのだが、それをはっきりと浮かび上がらせたのである。
 現在アメリカでは、世界を動かす大きな勢力が戦っている。大衆に支えられたトランプ勢力、そしていわゆるディープステート、さらには中国に加担する勢力、この三つがまさに三つ巴の戦いを行っている
 これらの勢力の裏に存在するのは、ロックフェラーであり、そのさらに奥にはロスチャイルドがいる。

 とここまで書いたところで、新年があと5分に近づいた。一旦筆を置き続きは新年に。

バイデンの不正選挙について

 予想外の逆転勝利を果たして、バイデンが勝利した。
 日本中のマスコミは、また世界のマスコミもそう言っています。
 しかし、ぼくの見るところ、まだなんにも決まってはいません。バイデンは勝利宣言をして、マスコミがそれを認める報道をしているというだけのことです。
 勝った候補が勝利宣言をして、負けた候補は敗北宣言をする。それで勝負が確定することになる。これまでの投票ではそうでした。
 でも、トランプさんは敗北宣言などしないばかりか、自分は勝利したが、不正によって負けさせられたと繰り返し唱えています。トランプ個人が言っているだけではなく、多くの当事者や弁護士、議員が主張し訴えています。
 こうした不正に関わる訴訟は、最高裁では、メキシコ州が他のいくつかの州を訴えたのですが、これは筋違いだとして却下されました。
 多くの州の選挙不正に関わる公聴会が開かれ、多くの証言がなされたものの、それが取り上げられることはありませんでした。
 
 ぼくは、地上波のテレビを全く信用していないし、見ることもありません。それらは、アメリカのニュースをそのまま伝えているだけで、あほらしくて見るに耐えないからです。
 ぼくが毎日見ていたのは、「虎ノ門ニュース」での藤井厳喜さんやケント・ギルバートさんの解説でした。この二人は、トランプ勝利を8・9割確実と言っていました。ぼくは100%確実と思っていました。
 選挙演説に集まる人の数と雰囲気から見て、それは明らかだと思ったのです。
 ところが、八割がた投票が進み、トランプ勝利の様子が確実となった時点で、信じられない投票の経過があって、逆転が起こったのでした。

 多くの人が、その異常さに驚き、ぼくも不正をほぼ確信した訳です。ネット上で、多くの情報が飛び交う中、選挙人投票が行われました。そして、その結果、バイデン勝利は確定と報道sされたのでした。しかし、そうではなかった。決定は、この選挙人投票の投票箱は封印されたまま、保管されているのです。開票されるのは、1月6日の上院下院総会にて、なのです。
 この辺りで、「虎ノ門ニュース」では、変化がありました。藤井厳喜さんはトランプ敗北を認めない立場を取り続けていましたが、ケント・ギルバートさんはトランプ敗北と認定し、トランプに対する不正情報をほとんどフェイクと断定しました。上念司さんもその尻馬に乗ったようです。 
 これと反比例的に、「作家の直感」などと言って、不正をし信じ、熱狂的に支持を表明しているのは、百田尚樹さんです。

 さて、1月6日、上院下院総会では各州の投票箱が、州名のアルファベット順に開票されることになります。この時、例えばアラバマ州の開票結果が示された時、もし下院議員の一人が「オブジェクション」と唱えたとします。すると、議長であるペンス副大統領は、「上院議員に同意するものがいるか」を尋ねることになります。もし上院議員の誰かが同意すれば、その州の投票は無効となるのです。
 選挙人投票が終わった時点で、「意義あり」を発言すると宣言する下院議員は一人だけいました。しかし、その勇気ある上院議員、はいませんでした。一緒に同意してくれる上院議員がいなければ、どうにのなりません。
 その後、世論の高まりを受け、現在では、「オブジェクション」を唱えると言明する下院議員は15名になっており、言明はしていないものの、ほぼ確実に同意してくれると思われる上院議員は3名はいるといいます。
 この上院下院総会で、議長であるペンス副大統領は、別の大きな権限を持つことが定められているのだそうです。それは議長権限で、ある州の選挙結果を無効と裁定することができるというのです。ただし、それをするには12月24までに、予告をして置かなけれならないというのです。彼がそれをするかどうかは、その期限の明日にならないとわかりません。多分それはないのではないかと、ぼくは思っています。
 
 最終決着は1月6日です。この日に、トランプさんは、支持集会をやってくれうるよう呼びかけています。先ごろの選挙人投票日にも支持集会があり、日本のメディアは5千人が集まったと報じましたが、5〜10万人だったというのが本当のようです。
 こうした集会は、世界の7・8ヵ国で行われてします。昨日日本でも行われ、300人が集まりました。ここに及川幸久さんが登場し、明快なスピーチを行っています。

及川幸久さん
ネットで大人気

 アメリカ大統領選挙の動向について、ぼくがもっと真信頼して視聴しているのが、この人のサイトです。っこ
 もっとも冷静で詳細な情報を毎日伝えてくれていて、何十万人の人が視聴しているようです。先日、「百田尚樹チャンネル」に登場し大受けしていました。
 ぼくがここに書いた流れも、この及川さんの情報を元にしています。YouTubeで「及川祐久」で検索すると、ずっと前からのものも見ることが出来るでしょう。
 最新のものは、トランプが最終的の打ち出すかもしれない「反乱法」と「戒厳令」についてものです。
 及川さんのブログ、当初からのもののご一読をお勧めします。

コロナ禍の日本のつれづれ

 世界中で新型コロナ(武漢コロナ)の蔓延はまだ止まず、欧米に比べて被害が格段に少ないとされる我が日本でも収束したとは言われていません。
 最近こんな記事を目にしました。「東京都医師会理事の川上一恵氏は2月12日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症について「都民の皆様へのお願い」とするリーフレットを作成したと発表した。最新1カ月間の論文や専門家の意見をまとめたもので、都医師会会員にPDFデータで配布する予定。「印刷し掲示、配布するなど、医療機関で自由に利用してほしい」としている。」

都医師会広報


 上はこの時配布されたとされるリーフレットです。
 その内容を今見ると極めて、正確で正当なものです。ところがこれはほとんどメディアには載りませんでした。ほとんど隠蔽されたといっていい。代わりにやたら恐怖を煽る報道が流され続けたようです。
続きを読む

一億総マスク依存症の日本人

 まだ酷暑の頃だったから、だいぶ前おそらく一月前くらいだったと思います。
 小用があり京都まで電車で出掛けることにしました。
 駅のプラットフォームには、冷房の効いた待合室があります。暑さに弱いぼくは大急ぎで待合室に向かいました。中にはマスクをした中年のおばさんが一人座っていました。
 ドアが開いたままだったので、ぼくは後ろ手でドアを閉めようとしたところ、「開けたままにしなさいと書いてあります」と注意されました。たしかにその引き戸のドアには張り紙がしてありました。
 電車はガラガラで優先席にはぼく一人だったので、マスクをすることもなく京都につきました。
 半日近く市内を動き家に戻ったのですが、その間、マスクなしの人を全く見かけることがなかったのです。マスクなしのぼくは、大変な違和感と孤独感を持たざるを得なかったのです。
続きを読む

コロナ禍の半年(最終)

 7月の終わりになっても武漢ウィルスは世界中でその蔓延をやめようとはしないようだった。また我が国のメディアも依然として拡大を連呼してその恐怖を煽る報道を続けていた。例えば、ある日のニュースの見出しは、「感染拡大続く。今日も最大感染者数更新」だった。それで続く本文を見ると、感染者数は昨日よりたったの1名の増加だった。1名でも確かに増加は増加だ。しかしこの見出しの付け方はおかしい。感染者とはPCR検査で陽性になった人とされているようだが、喉粘膜にウイルスが存在したということが感染と呼べるのかという問題がある。それが証拠に感染者の半数が発症しないという。
 恐怖を煽るという点では、NHKスペシャルの番組はとんでもないと思うことが多い。
 例えば、BS1スペシャル、シリーズ人体「驚異の免疫ネットワーク〜新型コロナとの戦い〜」。人体の免疫システムを説明するのに、ここまで恐怖の扇動を行う必要があるのか。鮮明なカラーグラフィックで描かれるミクロの世界はそれなりに美しい。喉から続く気管の絨毛が示される。その絨毛の蠕動によって、異物の肺への侵入が防がれていると説明される。
 ところが、球状で周りにスパイクという針をつけたコロナウィルスは、絨毛をすり抜けコロコロと転がって肺胞に達する様が描かれる。そして肺胞の細胞に侵入する。この時のウィルスの球は異常に大きく、おそらく1万倍くらいに描かれる。吸い込んだウィルスがそんなに真っ直ぐ肺に達するのか。これはまるでSF映画で、フィクションどころがフェイク動画とぼくには思われた。
続きを読む

コロナ禍の半年(5)

PowerbookもWindows10も軽く速くなるとぼくも浮かれた気分になった。
そして次に取りかかったのは、ネットメディアやテレビ動画にかかったpcrmプロテクトはずしのソフトのインストールと、Photoshopなどアドベ関係のソフトの取り込みで、これには長い時間を要した。かつては/etc直下のhostフォルダーを書き換えるという方法が取られていたが、月毎課金のやり方になった最新のシステムではこれは通用しなくなった。

MacBookProのデスクトップ Microsoft officeも最新にした



 以前は、こうしたものはインストールするだけで、滅多に使うことはなかった。その理由がその遅さだったということが今になってわかった。三週間以上かかってマックとウインドウズのいずれにも導入が成功した。
続きを読む

コロナ禍の半年(4)

全体の印象はずいぶんスマートでスッキリしたが、重さはほとんど変わらない。

 ようやく届いた MacBook Proは見惚れるばかり美しさだった。ディスプレーの蓋も本体もほぼ半分と思えるくらいに薄くなってすっきりしていた。本体底面の両端には細い裂け目が入っていて、それが巧みな滑り止めに働いていた。
 以前と異なり、あのブウォーンという起動音はしなくなっていた。蓋を開けるとすぐ画面にアップルマークが現れ、起動中であることを示す。キーボードの最上段にはファンクションキーに当たるマークが並んでおり、右端には起動と指紋称号用の四角いボタンがあった。
 起動して最初にする作業は、Time Capsuleに保存されているデータを取り込むことだった。これはMacBookが指示してくれるので、それに従うだけだった。これにはやたら時間がかかり30数時間を要した。ようやく終わったと思ったら、再度やるように指示が出たりで、このデータ移行だけに3日ほどかかった。この間は、Windowsマシン整備をやっていた。
 Windows10は驚くべき速さで動くようになっていた。ほんとにあっという間に立ち上がるようになった。
続きを読む

コロナ禍の半年(3)

 出来上がった孫のパソコンを動かして、SSDの速さを実感した。なんとも軽く早く動く。それに比べて7から置き換わったばかりのぼくのWindows10の遅さといったらなかった。
 思い切ってぼくのWindowsマシンのHDDをSSDに置き換えることにした。そうなると古いCPUも替えネバなるまい。
 今のCPUの性能はほぼ極限まで高性能化されているともいえる。CPUの性能を上げるために取られた手段は、CPUの数を増やして並列処理を行わせるというものだった。ぼくのマシンに入っているのは、2個のCPUを使うCore2というタイプのもので、2005年頃に開発されたものだ。これはデュアルCPUと呼ばれ、さらに進んで、4個が使われるようになって、これはクワッドCPUと呼ばれた。
続きを読む