ランチア・イプシロンのこと

ランチア・イプシロン

先月に10数年近く乗っていたランチアのイプシロンが突然動かなくなった。ランチアというのは、イタリアの名車で、ヘミングウェイの愛車だった。
白洲次郎が結婚したときに、父親の文平氏が新婦の白州文子にお祝いとして贈ったのはランチアだった。
昔、ローマからの帰り、空港の近くのペンションで車を呼んでもらったら、いわゆる白タクがやってきた。ローマの道というのは、ご存知のように石を敷き詰めた道である。そのガタガタ道をなんともスムーズに走る車に驚いて、思わず運転手に「これなんという車?」と尋ねた。
運転手は、そんなことも知らんのかと馬鹿にしたような顔をして「ランチアだよ」と答えた。これがぼくとランチアとの出会いだった。

続きを読む

一億総マスクで一億総仏頂面か

 先日、NHKテレビで面白い番組を見ました。有名な「ガッテン」です。日本人が十人中十人と言っていいくらいみんながマスクを着けるようになってから一年以上が経ちます。そこに起こってきた問題を指摘する番組でした。まず一つの実験が行われます。被検者にマスクを着けさせ30分間座っていてもらいます。ところがこのマスクが特製のもので、ちょうど口の辺りだけが透明になっていて中を見ることができるのです。
続きを読む

しばらく休止状態で大変失礼

 この「葉巻のけむり」、しばらく休止状態になっていました。
 コロナ禍がなかなか収まらない中、オリンピックが開かれ、どうもブログを書く気分にならなかったんです。
 ようやくその気になって、愛機の PowerBook を開いたところOSが立ち上がりません。新しい PowerBook では、ふたを開くとアップルマークが出て自動的にBigSurが起動するのですが、画面は真っ黒のままでした。サポートに聞くと修理が必要なので送ってくださいとのことでした。
 翌日取りに来た宅急便で送りました。一週間から10日くらい必要とのことでしたが、意外に早く4日ほどで帰ってきました。 続きを読む

この異様なコロナ騒ぎ

ずいぶん長い間、このブログの書き込みから遠ざかってきました。書きたいことは山ほどあるのですが、なぜかためらいが生じてしまうのです。どうして何だろうと考えてみました。問題はコロナです。当初からずっと気になって仕方なかったのです。
ぼくの考えはどうも世間一般とあまりにかけ離れていると感じていたのです。あっという間に、マスクの顔がふえ、いまや一億総マスクという有様になってしまっています。何だか不気味な感じがしています。
続きを読む

ウィグル人の悲痛な叫び

クリスタン・エズズ(日本ウィグル協会理事)1984年、中国・新疆ウィグル自治区(東トルキスタン)、クチャ生まれ。2005年来日し、2018年に日本国籍を取得。現在は仕事や子育てをしながら、ウィグル人の人権を回復させるための活動に精力的に取り組んでいる。

 今日本中であるいは世界中で、ジェノサイドだジェノサイドじゃないなどと議論している間に、ウィグルではまずフランスの中国大使館が発表した2018年の数字によると、1218万人だよと2020年にはフランスの大使館は1100万人だと言っていると、ウィグル研究家が明らかにしています。

続きを読む

PCR法と電気泳動法について(それに繋がる回想)

 コロナウィルスの検出方法として、PCR法はよく知られています。極超微細なウィルスを倍々とその数を数億倍にします。そうしないと見ることができないからです。
 ではどのようにして見るのでしょうか。調べてみると、電気泳動法を使うことを知りました。
 電気泳動法というのは、ゲル(例えば寒天)の中を試料を移動させて、分離観測する方法です。単純な例で説明してみましょう。長方形の箱の一端に、小さな棒状の板を立て寒天を流し込んだのち、このこの板を引き抜くと、一端に穴の空いた寒天ができます。この穴に資料を入れ、両端を電極につなぎます。
 コロナウィルスはマイナスに帯電しているので、反対側をプラス極にすると、そちらに引っ張られ、移動してゆきます。この時、その大きさや形状によって、動きの速さが異なるので、各成分ごとに分離し帯状に別れる訳です。その位置によって判定をおこないます。
 その原理は、ぼくはよく竹藪の駆けっこと言っていました。太っちょはどうしても遅くなります。ぼくの大学の卒論のテーマは脂肪酸の簡易ペーパークロマトグラフィーでした。
 電気泳動の原理もペーパークロマトグラフィーと同じです。当時は最先端であったペーパークロマトグラフィーは、その後、濾紙の代わりにガラス板にシリカゲルを塗った薄層クロマトグラフィー、円筒菅にシリカゲルを詰めたカラムクロマトグラフィーと進化してゆきました。
続きを読む

「日本人集団免疫獲得仮説」再録

 京大教授「日本人はコロナを克服。年末に終焉」説の論拠(昨年の記事)
 ここに紹介するのは、京大大学院の上久保靖彦教授の日本人集団免疫獲得の仮説です。女性セブンの記事です。
 以前のブログで、Yahoo Newsへのリンクを張っていた箇所が、リンク切れを起こしていたので、その移動先を探していて、この記事を見つけました。すでに説明した集団免疫完了説が、詳細に説明されています。
 上久保教授は、昨年の暮れに集団免疫が達成されると予測されていたことになります。そして今の状況は、この仮説を否定するものではないように、ぼくには思えるのです。そうした中で、日本国民が抱く現在のワクチン接種jへの熱望は、安心への渇望という側面を示しているとも思われます。
 この上久保教授の説を再紹介する前に、ぼくが今抱く疑問を述べたいと思います。 続きを読む

自然は偉大である

 家内の高校時代の友人が、こんな写真を送ってきて、「畑には芸術家がおるんや」と言ったのだそうです。作品1

 いやぁ、びっくりしました。こんな大根、ちょっと食べられませんね。
 家内が、この絵をネットにあげたら、次々と傑作大根作品が届けられたそうなんです。順に見てゆきましょう。作品2
 
 次はこれです。作品3  これは、ふろふき大根にでもして食べてみたい気持ちになりました。 

 畑の芸術は大根だけに限ったものではないようで、これはさつまいもです。いやぁびっくりしました。フェイク写真じゃないかと一瞬思いました。さつまいも作品1

 なんなんだ、これは。大根は相撲を見ておるのか。風呂場を覗いているんか。ぼくは、なんだか不思議な感情に囚われ、そして思ったんです。やはり自然は偉大なんだと。

飛び入りのチョゴリザ 今川好則(AACK NewsLetter No.54より転載)

AACKNewsLetter No.46

 前稿の資料探しでAACKのNewsLetterを見ていて、今川さんの投稿記事を見つけました。
 何年か前になくなっておられるのですが、できるだけ多くの人に読んでもらいたいと思い、転載の許可を得て、ここに転載することにしました。
 それは、「飛び入りのチョゴリザ 今川好則」です。
 ところで、この大変よく出来たAACK NewsLetterなのですが、これがガチガチのpdfファイルなので、単純にコピペーできません。コピペーするためには、adobe AcrobatProを使ってファイル変換しないといけません。
 それで、Acrobatを使おうとしたら、これが使えなくなっていました。不審に思い、サポートに尋ねたら、ぼくのものは不正使用とされているのだそうです。
 考えてみれば、この20年近くもタダみたいな値段でAdobeのほとんどのソフトを使ってきたのだから、これは年貢の納めどきで致し方ない。シガーの値段と比べたら大したことはないと観念して、正規インストールに切り替えることにしたのでした。
続きを読む

平井一正さんの訃報を聞く

 平井一正さんがお亡くなりになりました。
 Lineで知らせてくれたのは、教え子の一人でした。先ごろ亡くなられたやはりAACK(京大学士山岳会)の高村さんのお葬式には旅行中で行けなかったので、今度は行こうかと思った矢先、別の教え子で、AACKのタケダ君からお葬式に行ってきましたというメールが届きました。 続きを読む